男女

自己検診の検査キットとは

病院

様々な検査キットが発売されている現在、性病検査キットもポピュラーな商品になりつつあります。性病検査キットでは、自分で検体を採取することが必要になるため、適切な採取方法を押さえておくことが求められるのです。

View Detail

性病を取り巻く現状

医者

性病は若年層で増加している傾向にあります。その原因が知識不足、周囲の環境などです。もし自分や相手に疑わしい点があれば、すぐに検査しましょう。簡単に検査できる検査キットがインターネットで購入可能です。

View Detail

自分で性病検査

診察

病気や何らかの疾患を抱えている人が増えてきている現在、病気や疾患を治療するためにさまざまな治療法が開発されています。また身体に何らかの異常を少しでも感じた際は、病院で診察を受けてみるようにしましょう。

View Detail

不安を解消する

病院へ足を運ぶのは少し怖いという方はHIV検査のキットを手に入れると良いでしょう。結果が家に届くのでお手軽ですよ。

看護師

病気は症状があるのもあれば、症状がないのもあります。症状が無い病気は、楽に感じるものですが、実際に怖いのは症状が無い病気なのです。その理由は、知らない間に進行していくからです。症状がある場合は、病院を受診してみようと気持ちになりますが、症状が無い場合は、病気に気づかないことがほとんどなのです。症状が無い病気は様々ありますが、その1つとして性病が挙げられます。クラミジア、淋病、エイズ、など様々な性病がありますが、性病は自覚症状が無いものがほとんどです。そのため、性病に感染していても気づかないという人が多いです。不特定多数の人と性行為を行っている場合、知らない間に性病を拡大させている可能性もあるのです。性病の中でも、特に怖いのがHIVです。HIVは、免疫力を低下させる病気で、進行すると様々な病気になりやすくなってしまいます。早期の段階で治療を始めれば、進行を遅らせることもできるので、疑いがある場合は、HIV検査をすることが大切です。

HIVに感染すると、体内でHIVが増加するため、HIVの抗体が誕生します。そのため、HIV検査では抗体検査をするのが一般的です。抗体検査がHIV検査では一般的ですが、他にも、NAT検査や、抗原検査などもあります。HIV検査は、病院、保健所などで受けることができます。保健所ではお金はかかりませんし、匿名で受けることができます。コンドームを使用しないで性行為をしたり、HIV感染者と性行為をしたりした場合は、HIV検査を受けてみた方が良いです。HIVに感染しているかもしれない、という不安を抱えたまま生活するよりも、HIV検査をして不安を解消することが大切です。